FC2ブログ

無事生還! 那須高原スノーシュー

1月18日(日)
那須高原でスノーシューしてきました。




1月17日(土)、いくつもの天気サイトで確認すると、日本海側の低気圧により北関東山間部にもたっぷり新雪が降っているとのこと。



よーし。明日のスノーシューはバッチリだ!



しかし、どうやら午前中は風が残りそうな感じ。
うーむ。




1月18日(日)朝5時、眠い目をこすりテレビの天気予報を観ると、北関東の予報は変わらず雪のち晴れ!



let's go~



友人とは佐野SAで待ち合わせ。
この友人は特に山が好きなワケではないけど、年に1~2回は一緒に温泉行ったり東北に旅行に行ったりと、ストレス発散を目的に定期的に遊んでいます。一緒に行くスノーシューは今回で4回目です。



西那須野塩原ICあたりから雪がチラチラと降ってきて、高速降りて温泉街あたりからの路面は全面凍結。殺生石あたりからは圧雪路になり、何台ものFR車がスタックしていました。



スタックしている高級外国車を横目にグングン登り、8時半には大丸駐車場に到着。
すでにたくさんのスキー客で満車状態です。




外気温は-7℃。
予報どおり雪はしんしんと降っていますが、風は思ったより強くない。これが止んで晴れてくれれば最高~です。



友人が休暇村那須でスノーシューをレンタルして準備万端。いざ出陣!
まさか、この時の笑顔が一転して死の淵を彷徨う顔になるとは、この時の二人には予想できませんでした。




コースはいつもの自然研究路。
休暇村那須の向かい側に入口がありますが、誰も入ってないみたい。。。
1mの壁を乗り越えて進みます。




入口ですでにふわふわパウダーを味わえるなんて、、、犬のように喜び回ります。



階段はまともに歩けません。




弁天吊り橋




誰も入っていない




ということは、もちろんラッセル
楽しすぎる~




膝ラッセル~




どこも雪、雪、雪










遊べ~




遊べ~2




大の大人がすっかり雪まみれになってゲラゲラ大笑い。
ストレスもぶっ飛びます。




どこまでもモノトーンの森の中






薄日が差してきた。
太陽は心強い!




やっぱり予報どおりに晴れるのかな。




そう思った瞬間、急に風が強くなってきました。
木々が揺れビュービューと音を立てています。









森の中では木々が風を和らげてくれます。



しかーし!

たまたま頭にかけていたサングラスが強風で谷底に吹き飛ばされてしまいました。
まるで、4コママンガを見ているかのようにサングラスが谷底に向かって転がり落ちていきました。

オーマイガッ!



すっかり落ち込みながら森の中を2時間歩いて、なす高原自然の家に到着。
吹きっ晒しの駐車場は、北極か南極か見間違うほど。






この先にある四阿山でランチにしよう。












外気温−3℃でも、茶臼岳から吹き下ろす強風で、体感温度は相当低くなっています。
250Tではちょっと厳し~!


昨年の庵滝スノーシューでは−8.3℃でも250Tで十分満足できるほど水炊きができましたが、今回は強風の影響か、沸騰するには相当な時間がかかりました。

やはり250Uを持ってくるべきでした。


沸騰を待つ間に身体は冷え冷えになっていきます。

ラーメンだけはしっかり食べられましたが、残念ながらコーヒーを飲むのを諦め、早々に四阿山を撤収です。



風はどんどん勢いを増しています。



こうなるとまっすぐに立っていられないし目も開けられません。




スキーでは相当の経験と技術を持つ友人でもこの吹雪にすっかりやられてしまい、表情が相当ヤバくなってきたので森を登って帰るのを止めて公道を歩いて帰ることにしました。








太陽はいつでも心の支えになります。








見下ろせば那須の街




パウダーが舞う



ようやくクルマに到着
朝はあんなにいたスキー客も、もうほとんど帰ったようです。





今回はこれまでに味わったことの無いような激しく厳しい強風が吹き、正直ヤバいと思うことが何度もありました。
山の中腹であることで油断をした事は否めません。途中で引き返すべきでした。


そんな反省を込めてブログを作成しました。



完全に冷え切った身体を休暇村那須のお風呂で温めて帰路につきました。

※露天風呂では、濡れた髪の毛が10秒で凍るほどでした。



【今回の記録】
ネットタイム:4時間20分
グロスタイム:5時間
歩行距離:10.4km
最大標高差:274m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日差しはあるのに、風が強いんですね。
森を歩きたいけど、帰りは公道にされて良かったですね!

雪山はその時の状況で色々判断しなければいけないので、
緊張感がありますよね。
私は雪山は遊ぶ程度しか行ってないので、経験値が少なすぎて(^_^;)
こういう状態になったら、どう判断するかな?とか、とても勉強になります。
また、山レポ♪楽しみにしてますね~(*^_^*)

Re: タイトルなし

yamatoumiさん

いつもコメントありがとうございます。

僕もこんなブリザードに見舞われたの初めてです。
かなりヤバかったんですよ〜
本格的な雪山ではないのですが、自然の厳しさを感じました。
途中で引き返せばよかったものの、まだまだ判断が甘かったですね。
とにかく、無事に帰れたのでよかったです(^^;;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。