FC2ブログ

奥日光 アイスブルーの庵滝

3月8日(土)は同級生3人で奥日光の庵滝を目指してスノーシューしてきました




朝8時すぎ、戦場ヶ原の三本松駐車場の気温は−10℃ じぇじぇじぇ!

前日の天気予報で最高気温は−6℃だと言っていたので、少しは覚悟はしていましたが…。





日差しはほとんど無く、雪がちらちら降っているので気温が上がる気配はまったくありません。


それでも、ちらっと見える男体山の山容はとても美しく、栃木県民自慢のお山です。
まるで陽炎のよう




男体山の反対側、戦場ヶ原の奥にある日光白根山はまったく見えません。




今回のコース入口のある赤沼駐車場まではR120を1kmくらい歩きますが、路面幅の2/3がアイスバーンなのでクルマが突っ込んでこないよう祈るばかりです




赤沼駐車場からの歩き始めは、雪の量もほどほどで歩きやすいのですが…。




しばらく進むと、積雪量は徐々に増してきます。



コースの途中にいくつかある鹿除けフェンスに設けられたゲートは、積雪の影響でかなり低くなっています。
通過のたびに頭をぶつけて『イテーっ!』と何度も叫ぶメンバーが



徐々に積雪量も増し、パウダースノーにダイブ! 気持ちよかった~


スノーエンジェルとはいきませんが…



低公害バスのルートは2m以上の雪・雪・雪


40cmくらい積もっているパウダースノー


パウダースノーに穴を開けると・・・


中はアイスブルー
ついついガリガリ君を思い出しましたが早く滝のアイスブルーに出会いたい~



弓張峠のヘアピンがルートの分岐点。
ここで右巻きし、登山ルートを外れて沢沿いに歩きます。
ここから滝までは終始40cmのパウダーだったので、先行された方のトレースを歩けたのはかなり楽チンでした。
感謝感謝です



更に雪深くなり景色も変わってきました。




白樺のおじさん
魅惑の低音ボイスで『きーをーつーけーてーね~』って聞こえてくる。


見事な海老のしっぽ


キツツキの仕業⁉︎


グローブ外すと、とたんに指がちぎれそうだけどパチリ



あと少しでアイスブルーに出会えるところ。
耳を澄ますと『シーン』という音が聞こえてきます



庵滝に到着
遊びながらではあるものの7kmちょっとの往路だけで約4時間は掛かり過ぎました。
肉体的にヘロヘロになりましたが、自然が作り出すアイスブルーが癒してくれました
想像より幅広い滝です。


アイスブルーの内部はかなりの水量の流れがあります。


滝壺


滝の裏側に入れます。




見事なアイスブルー






可愛らしい霧氷が滝の裏側にたくさんぶら下がっています。


この時の気温は−8.3℃
三本松駐車場から約300m標高が高いですからね。



滝が見えるベストポジションでランチタイム
今回も山ランチは水炊き。

野獣3人前の食材、水、道具一式の総重量は10kg以上!

そして首には重たい一眼だから、楽しさ半分、仕事半分みたいで水炊きも一際うまかった~


いろいろと具材を変えて3回。シメはうどんでほっかほかになりました


山ランチで1時間以上動かないでいたら、−8℃の寒さに爪先の感覚が無くなりました
このまま凍死してしまうのか。
いや、絶対に死ねない!!!
生きて帰るぞ~~って、かなり大袈裟ですが、一段と雪が強くなってきたので余計に不安が募りました。
これから一気に戻ります。



帰路の思い出
小田代ケ原の貴婦人
流石に望遠レンズは持ってこれなかった








赤沼駐車場まで戻ると、男体山側はレースをまとったような青空


反対側の戦場ヶ原はブリザード
まるで罰ゲーム
ユーミンの♫ブリザード♫を口ずさみながら何とか乗り切ります。


雪とも氷ともつかない冷た~い物体が、強風に乗ってぶつかってきます。
頬っぺたが取れそうなほど痛かった!


幻想的な戦場ヶ原
一瞬だけ風がやんで陽がさしました。



ブリザードを抜け三本松駐車場に無事到着。
復路は下りだったので2時間ちょっと


ブリザードで完全に冷え切った体を、日光湯元温泉の『湯の家』さんのお風呂で温め直しです。

生き返りますね~
極楽極楽
湯元のお湯は最高です。



お腹も空いたので、中禅寺湖の畔にある人気店『浅井精肉店』さんでソースかつ丼をいただきました。




昼間は2時間待ちもザラではない大人気ソースかつ丼は、厚さ15mmくらいのやわらかかつがタップリ5枚も乗っていました。
ご飯と味噌汁がおかわりできて800円は安い!


気さくなおかみさんから色々とお話を聞かせていただき、お腹も心も温まりました



天候不順で出発するまで場所決めに悩み、朝早くからドライバー兼カメラマン兼食材担当兼ガイドとして頑張った甲斐あって同級生2人にも喜んでもらったし、パウダースノーと戯れながらバカ笑いしたし、とっても疲れたけどとっても充実した一日になりました


筋肉の疲れと心の疲れは反比例するんだっけ



長々と読んでいただき、ありがとうございました。



【本日の記録】
距離: 14.5km
時間:6h11m
標高差:298m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

庵滝に温泉、最後に浅井でしめるとは
奥日光ゴールデンコースですね。
それにしても厳しい天候でしたね。
最後に吹雪の道路を歩くのはいやだなぁ。

Re: タイトルなし

ブルさん

ほんとゴールデンコースですよね。
みなさんのブログを参考にさせていただいております。
感謝感謝。

近頃は、いろはを走ってた頃には想像もつかなかった日光での遊び方をしています。
あの頃は大迷惑してましたから・・・。

こんばんは。
8日に庵ですか…
ニアミスですね。
ってか、8時赤沼発。で、4時間で庵。。。だとしたら、もしかして、
滝の直前で会ってますよね。(^O^;

庵滝は、年間を通してお気に入りの場所です。
天気の良い日なら頑張ってお昼前につくように行ってみてくださいねー。
もっともっと滝が碧く見えますよー。

Re:

chikoやんさん

コメントありがとうございます(^-^)/

弓張峠から滝までの間で僕たちとすれ違ったのは2組で、2組ともこちらから『滝までどれぐらいですか?』とお声がけしましたからよく覚えてますよ。
まさかお会いしてたとは(^^;; 世間は狭いですね〜

もっと早く行くと青みが濃いんですね。
了解しました。次回は自宅出発を早めようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。