鳴虫山 1,103m(栃木県日光市)

10月7日(月)は振替休日だったので、栃木県日光市にある鳴虫山に行ってきました。

自宅を出発する時間が遅くなったので、東武特急スペーシアで一路東武日光駅へ


折角なので江戸紫色のスペーシアが良かったなぁ


あっという間に東武日光駅到着
しかーし! こんな時間じゃそうそう遠くには行けませーん


ということで、東武日光駅から歩いて行ける鳴虫山に決めました。

鳴虫山登山口は東武日光駅からほど近い消防署の裏手にあります。


小さな川を越えるとき注意事項が
この先トイレはないとのこと


小さな川は綺麗な水が流れていました


いよいよ登山口
クマ出没注意には正直かなりビビります


あちこちにクマ出没注意が
熊除けの鈴はもちろんのこと、ずーっと歌を歌っていました
結果を先に言うと、恐ろしい事に鳴虫山では誰ともすれ違いませんでした。
だから大きな声で歌っても恥ずかしくなかったかな


見落としそうな、こんなところが入口


クマが怖いので、いざという時のために石を握りしめて登山開始~っ!
こんなの初めて


恐る恐る杉林を進みます


登山道の半分以上が根っこ地獄だから、ツルツル滑ってこわいこわい
クマもこわいこわい


わずか30分でひとつ目のピーク、神主山(こうのすやま)山頂に到着
後で分かるのですが、ここが唯一のロケーションスポット
だけど…日光市街地がちらっと見えるのですが木が邪魔で良く見えません




さらに歩みを進めます。
立派な杉林


尾根道を境に、左が広葉樹、右が杉林


ここまでくると根っこ地獄も芸術的


次のピーク、陽明山
ロケーションはゼロ


根っこピーク
ずーっと根っこ地獄、地獄根っこ


今日イチの紅葉
が美しい。
きつねうどんとたぬきそば


約2時間で鳴虫山山頂到着


じぇじぇじぇ!
展望台が朽ち果てて立入禁止だよ~~~っ!




狭くて暗い山頂
怖っ!


明るくて楽しいハズのランチタイムは最悪の暗さ




せっかくのマルタイ棒ラーメンもザックを背負いながらの立食い
早く終わらせたいので素ラーメン


そそくさとランチを切り上げ、早速下山開始

下山最初のピークは合峰
やっぱりココにも何も無い


憾満ケ淵に向かう下山ルートはかなりの急斜面
鎖場ならぬロープ場がかなりあります


荒々しい下山の途中に、心が清々しくなる色付き具合の葉っぱに遭遇


下山第二のピーク独標
やっぱりココにも何も無い


延々と続く根っこ地獄とロープ


ようやく平らになったと思ったら、最後にヤブかき
こんなところだからこそクマ出没注意です
油断は禁物


鉄塔が見えたら、いよいよ終わり


振り返ると鳴虫山かな?
正直よくわかりません


写真の左手から出てきました
何とも味気ない出口は東電のフェンス


グルーっと一周してきたけど、ロケーションはゼロ
ちっとも癒されず、ただ単に疲れに行っただけみたい

もう行かない予定




せっかくなので憾満ケ淵へ
紅葉したらキレイなんだろうな~


お地蔵さんいっぱい


もみじはまだグリーングリーン


散策路には外国の方々がたくさんいました
あいさつしたけど日本語がわからないみたい


散策路は苔むしています


住宅の脇を抜ける小川が好き
鹿沼のばあちゃん家にもあったなぁ




R120に出ると、男体山は雲の中でした


神橋
渡ったことないなぁ
赤とエメラルドグリーンのコントラストが美しい


ここも紅葉は始まったばかり


コンビニでビールを買ってまずは一杯!


今日の日帰り入浴はJR日光駅前のステーションホテル


天然温泉、しかも露天風呂が23時まで入れて700円はリーズナブル


いいお湯でした


温泉の後は、JR日光駅前の天然水を汲みます
放射能の影響は不明ですが…




夜の東武日光駅はライトアップされて、なんだかロマンチックな山のロッジみたい


出発まで40分あるので、駅前のさかえやさんで揚げゆば饅頭をいただきました
熱々で美味しいよ
テレビ各局が取材にきているみたい
胡坐をかかずに頑張って欲しいな


駅のロビーでビール飲みながら時間を潰す


下今市で念願の江戸紫色のスペーシアに乗ることができました


もちろん車中はアルコールが欠かせません


結局、下山して家に着くまでにビール500ml、350ml、氷結を飲んでしまいました。
電車登山の醍醐味はアルコールに有ると言っても過言ではありません

【本日の記録】
距離: 12.9km
時間:4h27m
標高差:586m
最初で最後かな

帰りのスペーシアでブログ作りました

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/08 08:51)

日光市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。