手作り木製スプーン完成~!

木製スプーンを作り始めて3週間
ついに完成しました!




初めてのチャレンジでしたが大きな失敗も無く、かなり気に入ったデザインのスプーンができました。










その作り方を紹介します。
今回使った材料は山桜の角材(450×18×30)
防腐剤などの薬品は使われていないので、カトラリー作りには安心して使える材料です。




おおよそのカタチを描いて




バイスに固定して切断します。




上下面を切断しこんなカタチになりました。




さらに糸のこで細かい作業を進めます。




切断作業はここまで。スタートからここまで2時間。
初めてなので慎重に作業を進めています。




ここから先は木工用ナイフと彫刻刀で削り出していきます。




木工用ナイフには肥後守を使います。
とっても切れ味が良く、使いやすくて手に馴染みます。



慎重にそして集中して作業しているので、この時点でスプーンには魂が宿っているように思えます。



徐々にスプーンらしくなってきます。








刃物を使った作業はここまで。
ここまで3時間。
さらに魂が宿ります。




ここからはペーパーで仕上げていきます。
まずは目を詰まらせた#50を使います。
刃物によるキズを消すようにヤスリをかけていきますが、目が粗いので簡単にカタチが変わってしまいますから慎重に作業を進めます。




#50でここまで進みました。




ペーパーの番手を徐々に上げて#180で面を滑らかにしていきます。






ヤスリがけ作業終了~
ヤスリがけだけで2時間!
指先はしびれていますが、理想どおりの滑らかなフォルムに仕上がりました。




最終仕上げのニス塗り作業
色は木目を活かすつや消しクリアーです。




ニスは水性ウレタンニスで、カトラリーにも安心して使える食品衛生法適合品です。



乾燥時間は90分
3回塗りで仕上げていきますが、片面ずつしか塗れないので最低でも6時間必要です。


塗り方のポイントは、極めて薄く塗ることです。
ハケから垂れたニスが固まるとダマになってしまいヤスリがけ作業が大変になってしまうので、ハケにちょっとだけニスを付けたらそれを伸ばすように塗るだけで充分です。



1回目乾燥中のオモテ面




ヤスリがけした表面は木の繊維が立っているのでケバケバしています。
その上からニスを塗るので、1回目のニスが乾くとその表面はザラザラしてしまいます。



このザラザラを#400のペーパーでツルツルに磨きます。
《Before》


《After》



さらに2回目、3回目とニスを重ね塗りしていきます。

薄く薄くです。



3回目のニスが乾いたらいよいよ完成です!






どことなくカタチがイビツなのは手作りのご愛嬌~

サジ部の形状は大きくなく小さくなく細身で丸く優しく、そして柄は細くしなやかなものに仕上げました。

ここまでの全行程で12時間、延べ3週間にわたる作業でしたが、ものづくりの楽しさを味わう事ができた事と、イメージどおりに仕上がった事で大満足です。

これを山ランチで使うのがとても楽しみ。



木製カトラリー作りにすっかりハマってしまい、次はバターナイフを作り始めました。




楽しすぎるぜ~!









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

すごーーい!!
素晴らしい仕上がり、形!さすがです!
確かに大事に大事に時間をかけて、作られたから魂がこもっていると思います!
本当にステキなスプーンですね(*^_^*)

バターナイフも出来上がったら、見せて頂きたいです♪

桜井さうすさん

スプーン完成おめでとうございます*\(^o^)/*
素敵なスプーンですね♪
ちょっと華奢で優しいフォルム。木目も美しい。
作り手さんの想いがカタチに表れているようですね(^^)
そして、すでに次の作品ですか?
すごーい!次も見せていただくの楽しみにしてます♪

Re: No title

yamatoumiさん

いつもコメントありがとうございます。

そんなに褒めてもらうと照れますなぁ〜(^^;;
週末だけの作業だったので、平日にデザインを想い描きながら作りました。
そう考えると時間のかかる手作りの品々が高価なのは納得ですね。

バターナイフ、完成したら見てくださいね〜(^o^)/

Re:

みなみさくさん

いつもコメントありがとうございます(^o^)/

このデザインは平日の作業していない空き時間を利用してじっくりと考え、そして時間をかけて丁寧に想いを込めて作りました。
なので、すでに相当の愛着が湧いていて、山ごはんの相棒としてずっと一緒に山に連れて行きたいなと思っています。

次のバターナイフもすでに滑らかフォルムのデザインが頭に浮かんでいますので、ちょっぴりセクシー(笑)なバターナイフに期待してくださいね(^_−)−☆

No title

桜井さうすさん

いいですね。
自作アイテムを山で使うと、より美味く感じるでしょうね。
バターナイフの次は食器に行きそうな予感。

楽しみにしてます。

Re: No title

目目連さん

コメントありがとうございます。

山ごはんに似合う木目が出てくれて、そしてその木目がぴったりとハマるような滑らかフォルムになったので、我ながらお気に入りの作品になりました。

カトラリーの次は器?
ううっ、さすがは山道具の達人、目目連さん!
読みが鋭い!
浅皿作りの構想はすでに始まっているのでありますっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。